JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

OKA-SIN修行の妥当性?

JALグローバルクラブ(JGC)に入会するためだったり、
JALのサファイアの資格を維持するためにいわゆる修行というものをする人がいます。

英語で言うと”Mileage Run”といい、いわゆる用事もないのにマイルを稼ぐためだったり
上級会員資格の維持のために飛行機に乗ることを指します。

JALの上級会員資格を得るための最も効率のいい(=航空券の値段に対するマイル単価のいい)ルートにいわゆるOKA-SINルートというものがあります。

沖縄発シンガポールの航空券に東京ー沖縄間の往復の国際線乗り継ぎ割引運賃をくっつけることにより、東京ー沖縄を2往復、東京ーシンガポール1往復となり、今なら8万円くらいで約15000フライオンポイントが得られるというものです。そしてこれを1年の間に3回行うことによりJALの上級会員になることができます。

普通の方からしたら全くの無駄遣いじゃないか!となると思いますし、
僕もマイルを貯めるのは好きですが、一番大事なのはキャッシュなので、
(キャッシュがなくなったら生きていけないです…)することはないですが、

割とお金のある学生の方は長くにわたって減価償却ができるのでオススメだと思います。そして時には普通に国内を移動するより安上がりだったりするわけです。(これがあるからマイルは魅力的なのですが)

たとえばとある学生が1年に、福岡1回、沖縄1回、札幌1回行くとします。

1.普通に航空券を特便などで買った場合
概算ですが
福岡往復45000円
札幌往復45000円
沖縄往復50000円
で14万円ほどかかります。
たまるマイルは3000マイルほどです。

次に
2.沖縄往復の間に、東京経由シンガポールをくっつけた場合
8万円弱でマイルが988×4+3312×2で1万マイルほどたまり、
そのうえ留学マイルが600マイル
またJALカードの搭乗マイルが1000マイルくらい
JAlカード決済で1500マイルほど
で最低でも12000マイルほどたまります。
このマイルがあれば
東京ー福岡、東京ー札幌の往復特典航空券に帰れます。
(JAL会員は冬休みと、夏休みを除き基本的に国内線往復一律6000マイル↓)
スクリーンショット 2015-02-11 00.21.23

つまり移動費を半額ちかくに抑えられたうえ
沖縄1往復、シンガポール1往復が余分についてくることになります。

路線によってはダブルマイルキャンペーンがやっていたりするので
(羽田発着国際線でダブルマイルなど)さらにお得ですし、
JALには社員紹介プログラムというものがありこれに登録しておけば
さらに数千マイルたまります。

ごちゃごちゃわかりにくいとは思いますが、
予定がきまっている場合やみくもに航空券を買うよりも
マイルなどを考慮して買った方が結果としてお得なこともありますという一例でした。

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/1/boy.jp-jalnavi/web/jalnavigator/wp-content/themes/minn-lite/single.php on line 9