JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

ルフトハンザの予約

今日昼過ぎに、知り合いのおじさんに呼び出され、
ミュンヘンからロンドンまでの航空券をとってほしいと言われました。

早速ルフトハンザの本家のページに飛び、予約をしました。

途中でサイトが少しわかりにくくなり、そういや日本のサイトからも
予約できたのかなと思いましたが面倒なのでそのまま進めました。

予約したのは最安の航空券で変更には€65がかかると書いていました。

最後に一回チェックし航空券を購入しましたが、
その後見てみた旅程を見ると帰りが1か月ずれています。

チェックが甘かったのでしょうか、とにかく焦りまくりです。

予約の変更のページに行くと航空券の差額€30と変更手数料で計€95かかると書いてあります。

こんなイージーなミスで€100近く飛ぶと考えると、頭が真っ白です。

コールセンターに予約しようと思いましたが、手元の時計で日本時間は25時です。

しょうがないのでドイツ国内のコールセンターに電話しました。

英語の選択はないのだろうか?と思いながら、
間違った旅程で予約してしまったので、キャンセルしたい旨を伝えました。

どうせ融通が利かないのだろうと思っていましたが、予約時間が近かったこともあったのか
あっさり払い戻してくれるとのこと。ただし、クレジット決済の手数料€8は戻らないといわれました。

1000円近くどぶに捨てることになりますが、それでも13000円を捨てるよりましです。

それでお願いしました。

しばらくしてキャンセルのメールが送られてきてもう一度旅程を組みなおして航空券を購入しました。

€8余計にかかってしまったので、謝りまくりですが、笑ってそんなの誤差だよって言ってくれました。

それにしても2回のクレジット決済で2000円近く取られるのは日本のLCCもびっくりではないでしょうか。

高い勉強代だなと思いながら、今後こういうことをしないようにしようと心に誓いました。

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/1/boy.jp-jalnavi/web/jalnavigator/wp-content/themes/minn-lite/single.php on line 9