JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

JALご紹介サイト改悪

いつかこうなるとは思っていたんですが

JALの社員紹介プログラムのボーナスマイルが改悪です。

JAL社員紹介プログラム

ANAに追随したって感じですかね。

eJALpoint

bonus-mile

eJALポイント貯めてもなーって思いますよね。

JGC修行される方にとっては、多少のサポートになるのかな。

ただし今までは年に2回登録しなければならなかったけど、今回から年に1回登録するだけでいいのはありがたいですね。

やっぱし個人情報を受け取ってそれを登録しないといけないので、知り合い程度だと半年に一回登録情報を聞き直してっていうのはちょっと厳しいかなという感じはします。

マイルの時はありがたかったけど、eJALポイントになってから今後、友達のお父さんにわざわざ登録情報の変更などを聞いてまで登録するほどの価値はないのかなと感じました。

いままでは国内線1区間につき300マイルだったので、往復で600マイル。

10往復すれば6000マイルになり、JAL naviカードであれば国内線2区間でお得だったのですが。
(もちろん搭乗マイルなどは別にもらえますのでさらにマイルが貯まりました。)

eJALポイントになった今は、欧米線の格安ビジネスクラスにでも乗らない限りお得感はありません。

欧米にビジネスクラスで出張に行かれる方は往復で20,000eJALポイントが貯まるので、国内線で使う場合などはマイルよりいいのかもしれません。

ただし、有効期限が短いのがeJALやANAスカイコインのデメリットだと思います。

国内線1区間500eJALポイントくらいでもよかったのでは?と思わざるを得ません。

           

欧州旅行の反省

反省しています。

危機管理能力が、低かったなと…

まぁ欠航を予想しておくべきだったのかもしれません。

でも搭乗15分くらい前まではGo to Gateになっていたわけで、その時点で振り替えてって言っても、向こうとしては多分無理なわけで。

もちろん某北欧航空の対応が悪かったってのもあるけど、高い勉強代だったなと。

feedbackフォームから、文句を言ったのも遥か昔。

返信が全くないけれど、これは当たり前のことで自己責任なんだと思う。

別切り航空券には細心の注意を払おう。

と思いました。

           

旅程まとめ

結局、旅程はこうなりました。

欧州旅程

結構動いていますね。

トルコもロンドンもシェンゲン条約加盟国ではないので、
スタンプ押されまくりでしたね。

スイスより南に行ったことがないので、いつかイタリアやスペインにも行ってみたいですね。