JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

バンコク・スワンナプーム空港のオマーン航空ラウンジは本当におすすめ

ワットポーマッサージスクール直営店

994

バンコク最終日になりました。

午前中はワットポーマッサージスクールというマッサージスクールの直営店に行き、マッサージをしてもらいました。

公式ホームページはこちらです。

受付の方は日本語ができるみたいで、英語が苦手な人でも大丈夫です。

施術を受けて、ここのマッサージはコストパフォーマンスがいいと感じました。

というのも名前から想像がつくようにここはマッサージ師の資格を取る学校でもあるので、マッサージ師の水準が高いのだと思います。

マッサージの後はホテルに戻り、タクシーでスワンナプーム空港に向かいます。

タクシーは300バーツから400バーツです。

メータータクシーでしたが、高速料金として50バーツが余計に必要です。

スワンナプーム国際空港

これからエアインディアのムンバイ行きAI331便に乗ります。

IMG_2201

チェックインカウンターが開くまで、少し待ちましたが、ビジネスクラスカウンターでチェックインします。

優先レーンの利用券とラウンジ利用券。そしてイスタンブールまでのボーディングパスをもらいます。

優先レーンの利用券

S_4100012701926

ラウンジ利用券

S_4100012600546

ボーディングパス2枚

S_4100012656771

ここで、トルコのビザ持ってる?って聞かれました。

ビザのことは全く考えてなかったので、焦りまくりです。

ビザ持っていないと言ったら、アライバルで取るの?って言われてさらに焦ります。

「トルコってビザいるの?」

という疑問が残ります。

すぐに調べればいいのですが、ラウンジに入るとすっかりそのことを忘れてしまいました。

結局、日本人はトルコ入国時にビザがいらないと知ったのはトルコ航空の機内でWi-Fiに繋げた時でした。

優先レーンを使います。

IMG_2206

スワンナプーム国際空港はさまざまなオブジェがあって面白いです。

IMG_2208

エアインディアの指定ラウンジはCIPラウンジです。

これはプライオリティパスでも使えるので、正直豪華なラウンジとは言い難いです。

タイ航空のラウンジを使いたいなとは思いますが、スターアライアンスゴールドではないので、使えません。

こういう時は、スターアライアンスゴールド資格が本当に羨ましくなりますね。

と言うわけでCIPラウンジに向かい。すこしくつろいだ後、プライオリティパスで使える航空会社のラウンジ「オマーン航空ラウンジ」へと向かうことにします。

CIPラウンジ

IMG_2210

少し窮屈な感じのするラウンジです。この名前のラウンジは空港内に計6か所あります。(2か所はつながっているので実質5か所)名前はファーストクラスラウンジとなっていますが、正直名前負けしている感は否めません。

IMG_2211

このラウンジのメリットを挙げるとするならば、24時間営業しているといったところでしょうか。また、6か所すべてのラウンジが一緒というわけではないので、一概に言うこともできないと思います。利用したラウンジはCIPラウンジの中でもかなり狭いほうだったと思います。

ラウンジ内は薄暗いですが、軽食やお酒などは一通り揃っています。

IMG_2212

IMG_2213

何も食べずに水だけ飲んで、オマーン航空のラウンジへと向かいます。

オマーン航空ラウンジ

IMG_2221

先ほどのCIPラウンジはエアインディアの指定ラウンジでしたが、ここではプライオリティパスを提示してラウンジ内に入ります。

IMG_2225

内装はとてもきれいで、グレーとライトブルーで統一されています。

IMG_2229

利用客もほとんどいないので快適そのものです。

IMG_2231

円柱の水槽がおしゃれです。

IMG_2226

中でもビュッフェが凝っていて、ひとつひとつに説明書きがありました。

IMG_2227

特にスイーツは見栄えがいいです。

IMG_2228

さらにシャワールームまであります。

IMG_2232

お腹は空いていなかったので、デーツをつまんでいました。

全体的にものすごく広いというわけではないのですが、照明が明るく、また利用客が少ないので窮屈感が全くありません。

またプライオリティパスで利用してみたいラウンジになりました。

           

バンコクでタイ料理を食べるときのおすすめレストラン

せっかくバンコクにいるのでタイ料理を食べよう思いまして、今回2つのレストランに行きました。両方ともランチでの利用ですがアクセスも良く、味の方も大変おいしかったので今回この2つのレストランを紹介します。

ナラ”nara”

IMG_2176

公式ホームページはこちら

支店としては

・エラワン支店(Erawan Branch)
・セントラルワールド支店(Central World Branch)
・セントラルエンバシー支店(Central Embassy Branch)
・エムクオーティエ支店(EmQuartier Branch)

があり、この他に「nara」のカジュアルブランド「apinara」というのがセントラルワールドにあります。

今回はセントラルワールドのnaraで食事をしました。

IMG_2175

このセントラルワールドの7階には多くのレストランがあります。

IMG_2179

これはタイ料理として比較的有名なパッタイです。

はじめて食べましたが意外と甘いんですね。タイ風焼きそばと言うのは語弊があるかもしれません。たくさんは食べれないです。

IMG_2178

これはGai Pak Panangという料理です。焼き鳥みたいです。少し辛めですが美味しかったです。

デザートはココナッツのアイスを注文しました。トッピングが大量です。

IMG_2181

ソンブーン”Somboon”

IMG_2194

タイ料理として「プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)」という料理も有名なようですが、この蟹のカレー炒めの元祖がソンブーン”Somboon”というレストランです。

公式ホームページはこちら

IMG_2195

支店は現時点(2016年3月)で7店舗あるようです。

somboon(引用:http://www.somboonseafood.com/index.php/jp/contact)

1.バンタットーン支店
2.スラウォン支店
3.ラチャダー支店
4.ウドムスック支店
5.サムヤーン支店
6.セントラル・エンバシー支店
7.サイアム・スクエア・ワン

プーパッポンカリーは少しくどいので、炒飯と一緒に注文するのがおすすめです。

IMG_2199

あと何も言わないと蟹が一匹丸ごと出てくるので、剥くのが大変です。注文するときに「殻なし”without shell”」とでも言いましょう。殻なしは見栄えは栄えませんが、蟹の身は大量に入っています。卵もふわふわでとても美味しいです。

この他には空芯菜炒めと焼きエビを注文しました。

IMG_2198

たしか川海老だったはずです。

飲み物はマナオパンです。

IMG_2197

タイ滞在中にこの「マナオパン」というマナオ(ライム)のフローズンドリンクにすっかりはまってしまいました。

           

格安チャオプラヤー川ツーリストボート

ジムトンプソンハウスを訪れた後はチャオプラヤ川クルーズを愉しみます。

河川のクルーズと言ってもライン川や長江とは全く異なります。

排ガス臭く、水しぶきが飛んでくる舟でガンガン揺れるだけです。

船着き場はBTSサパーン・タークシン駅になります。

ツーリストボートと書いてあります。

IMG_2163

値段は片道40バーツでこれを高いと見るか安いと見るかは人それぞれでしょうが観光客用の舟なので高めに設定されていると思います。

IMG_2161

一列に並んで搭乗です。

IMG_2162

すべての席で外の景色が見えるわけではないので、早めに並んでおくことをおススメします。

一応観光客用の舟なので、英語のガイドが付きます。

で、この英語が全くわかんない。全く聞き取れない。

ただでさえ暑いのに、エンジンの音が結構大きいことに加えて、念仏のように繰り返される英語がきつくなってきます。

とりあえずこの舟で行けるところまで行ったのですが、着いた頃にはぐったりです。

行き先を決めてから乗った方が良さそうです。

ちなみに地元民用の舟もあるそうです。

途中で下船して、寺院などを見学したりする事も可能です。ただ、暑いので面倒くさくなりがちですが。

あと川沿いには高級ホテルチェーンがホテルを構えていて、ホテルの利用者向けに舟を出しています。

例えばこれはペニンシュラの舟です。

IMG_2160

舟でホテルまで行くなんて、洒落てますね。

ザ・ペニンシュラホテル

IMG_2165

これはたしか王宮です。ここで降りることもできますよ。

IMG_2168

これはショッピングモール。

IMG_2170

三島由紀夫の小説の舞台となったワットアルン(暁の寺)も舟から見ることができましたが改装中でした。

グーグルマップを見てもボートの船着き場や航路が書いてあります。面白いですね。

上流まで行って、30分程度降りてみましたがすぐに帰りました。

昼ご飯を取るために再びスカイトレインに乗ってグランドセントラルに向かいます。