JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

バンコクでタイ料理を食べるときのおすすめレストラン

せっかくバンコクにいるのでタイ料理を食べよう思いまして、今回2つのレストランに行きました。両方ともランチでの利用ですがアクセスも良く、味の方も大変おいしかったので今回この2つのレストランを紹介します。

ナラ”nara”

IMG_2176

公式ホームページはこちら

支店としては

・エラワン支店(Erawan Branch)
・セントラルワールド支店(Central World Branch)
・セントラルエンバシー支店(Central Embassy Branch)
・エムクオーティエ支店(EmQuartier Branch)

があり、この他に「nara」のカジュアルブランド「apinara」というのがセントラルワールドにあります。

今回はセントラルワールドのnaraで食事をしました。

IMG_2175

このセントラルワールドの7階には多くのレストランがあります。

IMG_2179

これはタイ料理として比較的有名なパッタイです。

はじめて食べましたが意外と甘いんですね。タイ風焼きそばと言うのは語弊があるかもしれません。たくさんは食べれないです。

IMG_2178

これはGai Pak Panangという料理です。焼き鳥みたいです。少し辛めですが美味しかったです。

デザートはココナッツのアイスを注文しました。トッピングが大量です。

IMG_2181

ソンブーン”Somboon”

IMG_2194

タイ料理として「プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)」という料理も有名なようですが、この蟹のカレー炒めの元祖がソンブーン”Somboon”というレストランです。

公式ホームページはこちら

IMG_2195

支店は現時点(2016年3月)で7店舗あるようです。

somboon(引用:http://www.somboonseafood.com/index.php/jp/contact)

1.バンタットーン支店
2.スラウォン支店
3.ラチャダー支店
4.ウドムスック支店
5.サムヤーン支店
6.セントラル・エンバシー支店
7.サイアム・スクエア・ワン

プーパッポンカリーは少しくどいので、炒飯と一緒に注文するのがおすすめです。

IMG_2199

あと何も言わないと蟹が一匹丸ごと出てくるので、剥くのが大変です。注文するときに「殻なし”without shell”」とでも言いましょう。殻なしは見栄えは栄えませんが、蟹の身は大量に入っています。卵もふわふわでとても美味しいです。

この他には空芯菜炒めと焼きエビを注文しました。

IMG_2198

たしか川海老だったはずです。

飲み物はマナオパンです。

IMG_2197

タイ滞在中にこの「マナオパン」というマナオ(ライム)のフローズンドリンクにすっかりはまってしまいました。

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/1/boy.jp-jalnavi/web/jalnavigator/wp-content/themes/minn-lite/single.php on line 9