JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

エアインディアAI331便ビジネスクラスでバンコクからムンバイへ

オマーン航空ラウンジでくつろいだ後は、ゲートに近いCIPラウンジへと戻ったあとでゲートに向かいました。

スワンナプーム国際空港は各航空会社のラウンジが多くあります。

ここはタイ航空のファーストクラスラウンジです。

IMG_2216

バンコクからタイ航空ビジネスクラスを利用する場合に使えるスパです。マッサージをしてもらえるようです。

IMG_2218

こちらはエミレーツ

IMG_2233

チャイナエアライン

IMG_2219

JALのサクララウンジです。

IMG_2220

優先搭乗で機内に入ります。

機材は787で、関空-香港-デリーと飛んでいるエアインディア787の搭乗記を読んだことがありますが、ハードは良いそうです。

サービスはいまいちなようですが、ムンバイのラウンジが素晴らしいということなので期待して乗り込みます。

ビジネスクラスは2-2-2の3列で計18席になります。

IMG_2237

座席は半分くらいしか埋まっていませんでした。

ウェルカムドリンクでシャンパンを頼みます。

IMG_2240

割とすぐに離陸しました。

食事のサービスが始まります。

シャンパンをおかわりしました。

IMG_2242

メニューブックも何もないみたいです。

何もないのですが、いきなり何にする?と聞かれるのでかなりテンパります。

チキンを選択しました。

IMG_2243

パッと見て、エコノミークラスの機内食のような印象を受けますが、ビジネスクラスの機内食です。

味の方はおいしいです。

このフライトは男のCAさんがとても気さくな方で、アルコールの小瓶をお土産にくれたり、積極的に話しかけていただいたので大変面白かったです。

シャンパンもどんどんおかわりに来てくれて、ギャレーで僕たちの為にポンとシャンパンを開ける音が聞こえてくるので、ついつい飲みすぎてしまいました。

アルコールの小瓶も5種類くらい持ってきてくれて、どれにする?と言われたので適当に1本いただいたのですが、お土産に全部持って帰ればと言われたので、お言葉に甘えて全種類持ち帰ることにしました。

入国カードを配っているときに、入国するの?と聞かれて、トランスファーするだけと答えたら、「じゃあどこ行くの」って聞かれたので「トルコ」と答えたら、なんでこんなご時世にトルコなのかと笑われました。確かにバンコクからムンバイ乗り継ぎでトルコに行く日本人なんてかなりあやしいような気はします。

バンコクとムンバイ間はちょうど3000キロのようです。

IMG_2245

最初はバンコクからイスタンブールに直接行きたかったのですが、特典枠がないとのことで、クアラルンプール経由とカイロ経由とムンバイ経由を提示されました。ムンバイ経由の場合、必要マイル数はほとんど増えないので全旅程でギリギリ20,000マイル以内に収めることができました。

食後はインドの紅茶をもらいます。見にくいですが、奥にアルコールの小瓶があります。

IMG_2247

このエアインディアのシートはフルフラットになります。

IMG_2248

この旅行で初めての、というか生まれて初めてのフルフラットシートを体験しました。

IMG_2251

シャンパンを飲みすぎたせいか、すぐに眠りにつき、起きた時にはもうムンバイまであと少しでした。

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/1/boy.jp-jalnavi/web/jalnavigator/wp-content/themes/minn-lite/single.php on line 9