JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

アテネ国際空港とシンタグマ駅の移動にはバスがおすすめ

パルテノン神殿の威厳と荘厳さに感動し、アクロポリスの丘を下ります。

そしてアテネゲートホテルに預けてあるスーツケースをピックアップして空港向かうのですが、地下鉄の乗り換えはめんどくさいということで空港までダイレクトに行けるシンタグマ駅まで歩こうということになりました。

市街地を走る地下鉄は乗客も多く、行きに物をすられたのでこうすることにしました。貴重品ではないので実害は全くないのですが。

アクロポリスの駅からシンタグマ駅の駅までは一駅で割とすぐなのですが、坂になっているのでスーツケースを転がしながらだと少ししんどいです。

しかし結果として、歩いたのは大正解で

シンタグマの広場から空港へダイレクトに行くバスがあるではないですか

しかも地下鉄を使う場合大人10ユーロ、割引チケット(学割)5ユーロでしたが、バスの場合、大人6ユーロ、割引チケット(学割)3ユーロとなっています。

躊躇なく、これに乗ります。バスの前面に飛行機のマークが書いてありわかりやすくなっています。

IMG_2645

たしか1時間に3本出ていたと思います。

40分程度かけて空港に向かいます。

ここからオーストリア航空でオーストリアのウィーンに向かいますが、カウンターはまだやっていません。

IMG_2646

空港を散歩してみます。

アテネ国際空港は、こじんまりとしていますが中はかなりきれいで、設備もしっかりしています。

こちらはルフトハンザ航空のカウンターでかなりしっかりと作られています。

IMG_2648

このように無料のインターネットも使えます。

IMG_2650

カウンターが開きました。

ビジネスクラスのカウンターはテンションが上がります。(ぶれぶれですが)

IMG_2651

搭乗券をもらいます。*マークを使ってCクラスを表示しているのは昔の航空券みたいですね。わざとこうしているのでしょうが。

S_4213531528662

さて、この空港の国際線利用時に使えるラウンジは全部で4つあり、プライオリティパスで利用できるラウンジが2つとルフトハンザラウンジ、エーゲ航空ラウンジとなっています。

今回はスターアライアンスのオーストリア航空利用なので、プライオリティパスを使えば全部のラウンジを利用することができます。そこで今回は3つのラウンジを利用することにしました。

とりあえず免税店のあるエリアに向かいます。

このアテネ国際空港はチェックインカウンターのあるエリア→免税店+ラウンジ→セキュリティーチェック→搭乗エリアと進むので、ラウンジはセキュリティーチェックの前にあり時間に余裕をもってラウンジを出る必要があります。

アテネ国際空港ラウンジ編は次回の記事へと続きます。

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/users/1/boy.jp-jalnavi/web/jalnavigator/wp-content/themes/minn-lite/single.php on line 9