JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

楽天プレミアムカード到着

楽天プレミアムカードを申し込んだことは記事にしましたが、1週間もしないうちに家に届きました。

楽天プレミアムカード

着いたら、まず楽天e-NAVIにログインしてカードの登録と、登録コースの選択、プライオリティパスの申し込みをします。

登録コースの選択

僕は「トラベルコース」を選択しました。年2回までスーツケースを空港まで送れます。

あと、サイトに明示されていないんですが、楽天トラベルの専用デスクに電話すれば国内の宿泊施設が1500円引きになるみたいです。

これはお得なのですがなかなか使う機会がないかもしれません。

他にも「楽天市場コース」「エンタメコース」がありますが、よっぽど楽天市場を使うとかじゃない限り、「エンタメコース」にしておけば間違いないかと。

プライオリティパス

楽天プレミアムカードの大本命プライオリティパスです。

このカード一枚で全世界120ヵ国以上の400都市にある700ヵ所以上のVIPラウンジが利用可能です。

搭乗クラスがエコノミーだろうと何だろうと、空港によっては航空会社の豪華なラウンジが使えます。

ドイツに住んでいた時、これがあればどれほど便利だったのかと思います。

日本だと大韓航空のラウンジが使えることが多いです。

ラウンジもアプリでぱぱっと検索でき、サイトはお世辞にも豪華とは言えないものの、旅行に必要な情報はすべてそろっています。

格安エコノミーの旅行でも、少し豪華になること間違いなしです。

楽天プレミアムカードの詳細はこちら

今後も使ってみた感じや感想をアップしていきますね

           

楽天プレミアムカードの申し込み

今回、いろいろと考えて楽天プレミアムカードを作ることにしました。

作る理由としてはいくつかありますが決め手になったのは次の3つです。

1.切り替えで5000ポイント

楽天カードからの切り替えで5000ポイントがもらえるキャンペーンがあり、たまたま7月末までは楽天のダイヤモンド会員でしたので、審査も多少は通りやすくなるのではないかと思い、7月中に申し込みをしました。

楽天会員のレベルと、楽天カードの審査の通りやすさに相関性があるのかどうかはわかりませんが…

2.プライオリティパス

プライオリティパスが欲しかったのは言うまでもありません。

これがあればどれほど今までの旅が快適だったのだろうとよく考えます。

卒業旅行で一人旅に行くかもしれないので、その時に使えればいいかなと考えています。

プライオリティパスでユナイテッドクラブが使えなくなってしまったのは残念ですが、海外の空港ではプライオリティパスでも素晴らしいラウンジが利用できるところも少なくありません。

3.国内空港ラウンジと手荷物宅配サービス

地味にうれしいのが国内空港を使う際にも、カードラウンジが使えるというところです。

国内空港でもカフェなどに入れば数百円はかかります。それらを節約できるのであれば年会費は十分に減価償却できると考えることもできます。

またトラベルコースを選択すれば海外に行くときにはスーツケースを1年に2回まで宅配することが可能です。これも普通だったら一回につき数千円かかるのが無料です。

カードブランドはJCBです。

楽天カードのJCBはnanacoチャージでもポイントがたまる数少ないカードの一つです。

個人的に楽天のサービスで好感が持てるのは、楽天ブックス、KOBO、楽天カードです。

これから、楽天のポイントもどんどんためていきたいと思っています。

とてもお得な楽天プレミアムカードの申し込みはこちらから

もしよろしければ紹介ID「S831HUX1」を入力してください。