JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

トルコ航空のアライバルラウンジ@イスタンブール空港は人が少なくておすすめ

slide03(引用:http://turkishairlines.co.jp/travel-experience/businessclass.html)

機内でインターネットにつなぎ、トルコはビザがいらないという確信を持ったのですが、少し不安です。

恐る恐る入国審査を受けると、あっさり通してくれました。

トルコ航空の機内誌でアライバルラウンジがあるということを知ったので、利用してみようと思い到着ラウンジ”Lounge Ω Istanbul -Arrival- ”へ向かいます。

このラウンジはトルコ航空のビジネス利用客もしくはトルコ航空の最上級会員でないと使えません。と言うのもここはスペースが限られており38席の座席数しか用意されていないからだと思います。ちなみに出発ラウンジ”Lounge Ω Istanbul”は1030人を収容できるラウンジだそうです。

また利用時間も午前4:30から午後12:30となっており、トルコ航空の最上級会員でも短距離路線などでは時間が合わずに使えないかもしれません。今回は到着が1時間ほど遅れており、荷物が出てくるのにも時間がかかったので、入国した時にはすでに12時近くでした。もう少し到着が遅れていたら、このラウンジを利用することができなかったかもしれません。

到着ゲートからでて右側に歩いて行った端にこのラウンジはあります。

IMG_2331

まず、受付で搭乗券を見せて、ついでに今日泊まるホテルの行き方について尋ねました。大変丁寧に教えていただけたので助かります。地下鉄とトラムを乗り継いで行けばいいのですが、空港で切符を通しで買うことはできないそうです。やはり初めての都市は勝手がわかりません。

余談ですが、ドイツの公共機関は初めてでなくても、切符の種類が多すぎて最安な切符がどれなのかは地元民でもなかなか分かっていない印象があります。ほとんどの利用客は定期券であることが多いので。日本は比較的わかりやすいですね。

ラウンジ内にはシャワールームがいくつかあります。

IMG_2336

丸められたタオルが大量にあり、もはやそれ自体がデザインと化しています。

IMG_2337

ソファーがいくつか置かれていますが、窮屈感はありません。天井も高く開放的なラウンジのデザインです。

IMG_2338

トルココーヒーとナッツです。DO&COのものですね。

IMG_2339

飲み物と軽食です。

IMG_2340

ドリンクもたくさんありますが、水を1本もらいました。

IMG_2342

頼めばオムレツも作ってもらえます。

IMG_2341

このようなソファーベットもあり、体を休めることもできます。

IMG_2343

到着ラウンジは出発ラウンジほど巨大ではないものの、出発ラウンジはかなり混んでいて席も探さないといけないこともあるので、個人的には人があまりおらずにこぢんまりとした感じが好きです。もちろん用途が違うので一概に比較することはできないのですが。

この後、空港から、地下鉄とトラムを乗り継いでホテルへと向かいました。

           

ムンバイのGVKラウンジは豪華絢爛!何度でも利用したいラウンジ

ムンバイ空港に着いたのは0時近くでした。飛行機から降りるとなぜかカートで移動するように指示されます。

IMG_2255

乗り継ぎの場所まで遠いようです。

で5分ほど乗って、乗り継ぎカウンターに着いたのですが、エアインディアへの乗り継ぎではない場合はだいぶ待たされるようで、30分程度待ちました。

その間にエアインディアへの乗り継ぎ客は、保安検査をどんどん受けていきます。

乗り継ぎの場合、航空会社が変わるとかなり面倒なようです。

ムンバイ空港の搭乗ゲートへと着いた時にはすでに1時を過ぎていたような気がします。

IMG_2260

やっと憧れの「GVK Lounge」に入れると思ったら、出発時間の4時間前にならないとラウンジへは入れないと言われます。

ムンバイからイスタンブールへと向かうトルコ航空のTK721便の出発時間は6時50分なので、3時頃にまた再度来るように言われます。

あと2時間程度あります。

日中ならいいのですが、深夜なのでラウンジの外で2時間過ごすのはかなりつらかったです。

一応この隙にプライオリティパスで利用できるラウンジ「Loyalty Lounge」に行くことにします。

Loyalty Lounge

免税店などがあるエリアの端っこからエレベーターで上がったところにLoyalty Loungeはあります。

IMG_2272

深夜だというのにかなり混み合っています。

IMG_2262

ほとんどの人が、ここで夜を過ごすのでしょうか。

カレーのようなホットミールもありました。

IMG_2270

ドリンク類は充実しています。

IMG_2268

IMG_2265

ここでiPhoneを見てムンバイとバンコクの時差は1時間30分ということを知ります。

最初時差のことを考えていなくて、本当は2時間待たないといけないところを30分だけ待てばいいと勘違いしていました。

30分経ってGVKラウンジに向かおうとしたとき、何か変だなと思い、ラウンジの時計を見るとまだ1時30分です。その時に時差について思い出しました。

iPhoneは自動的に現地時間になるように設定されていると思っていたので、今まで時間をずらしたりはしなかったのですが、インドではその機能が使えないのかもしれません。

期待が、あと90分待たないといけないという絶望に変わった瞬間でした。

まぁ言ってもしかなたいのでラウンジを出て空港を散歩しながら共用スペースでおとなしく待ちます。

空港の模型がありました。

IMG_2274

ムンバイ発ニューアーク行きという便があるんですね。

IMG_2278

3時頃になってようやくGVKラウンジに入りました。

GVKラウンジ

IMG_2257
受付で、搭乗券を見せると「ラウンジインビテーションはないの?」と尋ねられましたが、バンコクでは、ムンバイでもらってと言われたと伝えるとすんなり入れてくれました。

IMG_2259

搭乗案内はしないこと、フットマッサージを受けることができることを伝えられます。

ラウンジの中は、縦長ですが、内装は豪華の一言に尽きます。

IMG_2281

深夜なので、食べ物は少ないのかもしれません。

IMG_2283

IMG_2284

花柄の仕切りひとつをとっても高級感があります。

IMG_2282

また天井がものすごく高いです。

IMG_2287

フットマッサージを受けることができます。あらかじめマッサージの受付で予約しておき、何分後かを伝えられるのでその時間にマッサージを受けるような形となります。

IMG_2290

基本コースは無料で、追加料金を払うとさまざまな施術を受けることができます。

また、このラウンジではシャワーを浴びることができます。

シャワールームとは書いていないのですが、マッサージの受付にシャワー使いたいんだけどと言うと奥のシャワールームに案内してくれます。

シャワールームです。

IMG_2292

洗面台はこんな感じ。

IMG_2293

アメニティーはこのように貸してくれます。

IMG_2291

シャワーを浴びた後はソファーに座って少し休みます。

少し休むつもりが、軽く眠ってしまいました。

           

エアインディアAI331便ビジネスクラスでバンコクからムンバイへ

オマーン航空ラウンジでくつろいだ後は、ゲートに近いCIPラウンジへと戻ったあとでゲートに向かいました。

スワンナプーム国際空港は各航空会社のラウンジが多くあります。

ここはタイ航空のファーストクラスラウンジです。

IMG_2216

バンコクからタイ航空ビジネスクラスを利用する場合に使えるスパです。マッサージをしてもらえるようです。

IMG_2218

こちらはエミレーツ

IMG_2233

チャイナエアライン

IMG_2219

JALのサクララウンジです。

IMG_2220

優先搭乗で機内に入ります。

機材は787で、関空-香港-デリーと飛んでいるエアインディア787の搭乗記を読んだことがありますが、ハードは良いそうです。

サービスはいまいちなようですが、ムンバイのラウンジが素晴らしいということなので期待して乗り込みます。

ビジネスクラスは2-2-2の3列で計18席になります。

IMG_2237

座席は半分くらいしか埋まっていませんでした。

ウェルカムドリンクでシャンパンを頼みます。

IMG_2240

割とすぐに離陸しました。

食事のサービスが始まります。

シャンパンをおかわりしました。

IMG_2242

メニューブックも何もないみたいです。

何もないのですが、いきなり何にする?と聞かれるのでかなりテンパります。

チキンを選択しました。

IMG_2243

パッと見て、エコノミークラスの機内食のような印象を受けますが、ビジネスクラスの機内食です。

味の方はおいしいです。

このフライトは男のCAさんがとても気さくな方で、アルコールの小瓶をお土産にくれたり、積極的に話しかけていただいたので大変面白かったです。

シャンパンもどんどんおかわりに来てくれて、ギャレーで僕たちの為にポンとシャンパンを開ける音が聞こえてくるので、ついつい飲みすぎてしまいました。

アルコールの小瓶も5種類くらい持ってきてくれて、どれにする?と言われたので適当に1本いただいたのですが、お土産に全部持って帰ればと言われたので、お言葉に甘えて全種類持ち帰ることにしました。

入国カードを配っているときに、入国するの?と聞かれて、トランスファーするだけと答えたら、「じゃあどこ行くの」って聞かれたので「トルコ」と答えたら、なんでこんなご時世にトルコなのかと笑われました。確かにバンコクからムンバイ乗り継ぎでトルコに行く日本人なんてかなりあやしいような気はします。

バンコクとムンバイ間はちょうど3000キロのようです。

IMG_2245

最初はバンコクからイスタンブールに直接行きたかったのですが、特典枠がないとのことで、クアラルンプール経由とカイロ経由とムンバイ経由を提示されました。ムンバイ経由の場合、必要マイル数はほとんど増えないので全旅程でギリギリ20,000マイル以内に収めることができました。

食後はインドの紅茶をもらいます。見にくいですが、奥にアルコールの小瓶があります。

IMG_2247

このエアインディアのシートはフルフラットになります。

IMG_2248

この旅行で初めての、というか生まれて初めてのフルフラットシートを体験しました。

IMG_2251

シャンパンを飲みすぎたせいか、すぐに眠りにつき、起きた時にはもうムンバイまであと少しでした。