JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

ヒルトンHオーナーズVISAゴールドカードの威力

076_hilton_gold_rs
(http://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/hilton/index.jsp)

今度の春に、貯まったANAマイルを使って世界一周に行く予定です。



発券まではこちら


格安で世界一周のビジネスクラス航空券を手に入れた方法

僕のANAマイルが12万マイルほどあり、家族口座も23万マイルほどになっていたので、ひとり11万5000マイルを使ってふたりで世界一周旅行に行くことにしたということは以前記事にしました。

親と行くのですが、もう若くはないのでビジネスホテルやユースホステルはやめたいそうです。ひとりだったら空港泊とかでもいいのですが。

そこでホテルをどうするかという話になりまして親がSPG修行したいなーとか言い始めたので

ちょと待てお兄さん

いや確かにSPGポイントは使いやすいけども、SPGアメックスの年会費31,000円(+消費税)を払う気なんですか?たしかに、無料宿泊特典があるから年会費の元は取れるという人もいるけどもそれは更新したらであって実質2年目から、初年度は10万円使って10,000スターポイントってところ。

そんな余裕あるんですかね。うちには無いと思われます。

しかもシェラトンを擁するスターウッドは割とホテルの値段が高め。

ということで、親にヒルトングループを勧めてみた。

hotel-965188_1920

三井住友VISAが出している「ヒルトンHオーナーズVISAゴールドカード」というクレジットカードを取得すればヒルトンのゴールドVIP会員になれるというのがこのカードのメリット。

ヒルトンHオーナーズVISAカードは年会費税込み13,950円ということになっているけども、実際これを満額払っている人は少ないのでは?

というのもこのカードはWeb明細に登録すると年会費が1,000円(税抜)割引、リボ払いのマイ・ペイすリボに登録・利用すると5,000円(税抜)割引になるんです。

つまり7,000円(+消費税)でこのカードを持つことができるというわけです。

SPGアメックスで得られるSPGゴールドとの違いは意外とあって

大きなところとしてはヒルトンのゴールドVIPだと


・朝食が無料(ボーナスポイントを選択しなかった場合)→SPGだとこういった特典はプラチナから
・部屋のアップグレードでラウンジアクセスができるフロアになる可能性があり→SPGゴールドだとこれはまずありえない


といったところ。

うーん、ネットでSPGはホテル修行の初心者にいいとか書いてあったりするけど、やっぱり本当にお得なのはヒルトンかな。

ヒルトンHオーナーズのシルバーVIP資格が付くヒルトンHオーナーズVISAクラシックカードというもあるんだけど、正直シルバーVIPの特典はあまりコスパとしては良くない。

このヒルトンHオーナーズVISAゴールドカードはゴールドカードなので入会資格として
「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」と書かれている。

学生は多分無理だけど、主婦ならばなんとかなるみたい。実際なんとかなっていた。

すこしいいホテルに泊まってみたいなという人には最適な一枚だと思う。

           

格安で世界一周のビジネスクラス航空券を手に入れた方法

先日、「世界一周航空券」というものを発券しました。

世界一周航空券というと、ワンワールドやスターアライアンスなどの航空連合が出しているものが有名ですが、自分が加入しているマイレージプログラム(フリークエントフライヤープログラム)の特典として、一定以上のマイルが自分の口座にあれば「世界一周航空券」を発券することができます。

僕はANAマイレージクラブ(AMC)の会員ですので、今回はANAのマイルを使ってこの航空券を発券してみました。

必要マイル数は11,5000マイルでした。

AMC特典航空券

でも僕も大学生になるまでマイルってなに?っていうほどの素人でしたので、そこらへんも少し解説を加えながら説明していきたいと思います。

そして最後には、マイル(今回はANAマイル)が爆発的に貯まる方法について紹介します。

マイルって?

マイルとは、航空券を購入して、その購入した便に乗った時に、目的地と出発地の距離に応じて航空会社から付与されるポイントのようなものです。

一般的にポイントというものは、商品なりサービスなりを購入した時に購入金額に応じて付与されるものですが、マイルは飛行機が飛んだ距離に応じて付与されるので、単純ではなく面白みがあります。

そしてこのマイルが貯まると、航空券に交換することができます。

世界一周の特典航空券

特典航空券で世界一周をするのにどれだけのマイルが必要なの?と思われるでしょうが、ANAのサイトに詳しく載っています。

これだけのマイル数が必要です。

ANA around the world
参照:http://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/teikeiair_1_2.html

ANAのマイレージクラブの特典航空券は出発地と目的地のエリアによって必要マイル数が変わる「ゾーン制」を採っているのですが、この世界一周の特典航空券だけは例外で全旅程の距離数によって必要マイル数が変わる「距離(マイル)制」を採っています。

今回僕は全旅程の合計マイル数が20,000マイル以下になるように旅程を組みました。

単に「マイル」といってもポイントを意味したり、距離の単位を意味したりして困惑されるかもしれませんが、今回は世界一周の全旅程の距離が20,000マイル以内になるようにしたということです。

そのために必要なマイル数(≒ポイント数)は、エコノミークラスで75,000マイル、ビジネスクラスで115,000マイルです。

ここで特筆すべきこととして、ビジネスクラスの方がお得度が高いということです。ビジネスクラスの方が上級クラスなので当然必要マイル数は多くなるのですが、一般的に航空券を購入した場合、ビジネスクラスの航空券はエコノミークラスの航空券の3倍ほどします。一方この場合の必要マイル数は1.5倍程度です。

今回の旅程は

今回の旅程はこのように組みました。19日間にわたる旅程です。本当は1か月くらい旅行をしたいのですが、なかなか休みが取れないので、妥協してこのようになっています。

ItineraryRTW

Great Circle Mapper(グレートサークルマッパー)[http://www.gcmap.com/]を使って、航路を書いてみました。

RTW1

世界一周と言えども北半球だけですね。上限マイル(≒距離)が少なめなのでしょうがないです。

もう少し見やすくしてみます。

RTW2

台湾で鼎泰豊の小籠包を食して、イスタンブールで世界三大料理トルコ料理を食して、フランクフルトでソーセージを食べるといったように夢が膨らんでいきますね。

マイルはこういった使い方ができるので非常に面白いです。

エコノミークラスでもいいのですが、今回周遊する国は物価の高い国が多く、食事代だけでも大変な額になるのではないかと予想して、なるべくビジネスクラスのラウンジで食事を済ませようと思い、ビジネスクラスの航空券にしました。

ビジネスクラス利用者が使うことのできる航空会社のラウンジは食事をとることができます。

2015-05-23 09.19.06@関西国際空港のANAラウンジ

エコノミークラスとビジネスクラスの必要マイル数がそこまで離れていないのも特典航空券の特徴です。

さて、次にこの11,5000マイルをどうやって貯めたかを紹介します。

世はポイント戦国時代

ここ数年、特に今年は各社のポイントをめぐる争いが過熱しています。

楽天のRポイントカードやドコモのdポイントなど、新興勢力が生まれる一方で、リクルートポイントとポンタポイントの統合など、プラットホームとしての共通ポイントの生き残りを賭けた戦いが繰り広げられています。

このようになってくると、ポイントの還元率はもちろん大事ですが、ポイントの価値も大事になってきます。各社のポイントは普通1ポイント1円として使うことができますが、航空会社のマイルは一概にいうことはできないものの、1マイルは1円以上の価値を持っています。もちろん使い方にもよるのですが、1マイルの価値が10円から20円近くになることもあります。

例えば、ANAマイレージクラブではファーストクラスで東京からニューヨークを往復するための運賃は251万円(2015年12月現在)ですが、ANAのマイルを使うと15万マイルで往復することができます。(ハイシーズンを除く)

もちろん、普通に購入したほうがマイルが付いたり、予約が取れたりなど、当然対応はいいですし、簡単に比較することは難しいのですが、単純に考えれば1マイルを15円以上で使えています。

話がそれましたが、ポイントによっては航空会社のマイルに交換できるものもあります。

さらに言えば航空会社のマイルと提携したほうが、そのポイントをためてくれる人が増え、ポイント業界の主導権が握れるので、マイルに交換できるポイントは少なくありません。

その中でも東京メトロのポイントである。「メトロポイント」がソラチカカードの所有者に限って、1ポイント=0.9ANAマイルという交換レートを提供しています。

つまり1マイルが1.1ポイント程度で手に入るわけです。

でもメトロポイントってどうやって貯めればいいの?

僕は11,5000マイルを貯めるのにハピタスというサイトを利用していました。

簡単に図で示すとこういったルートになります。

convert route

つまり、ハピタスのポイントを貯めて移行していけばいいんです。

なぜ、ハピタスかというのは圧倒的にポイントが貯めやすいからです。

ここで注意すべき点としては、これはANAカードの一種であるソラチカカードを持っている方向けに特別に提供されている交換ルートです。

ソラチカカードとは、JCBが出している年会費2,000円のクレジットカードです。初年度の年会費が無料だったり、年会費自体もそこまで高くないなど敷居の低いカードにも関わらず、ANAマイルへの交換レートがいいということで多くのマイラーが所持しているクレジットカードです。

実際に所持していることに意味があるので、決済に使っている人は少数だと思います。PASMOへのオートチャージ機能などは使っている人も多いと思いますが。

ソラチカカードを使った移行ルートには上限があり、月に2万ポイントつまり18,000マイルまでしか貯めることができません。しかし、これでも年間21万6000マイルがたまるので、世界一周に二人で行くことができてしまいます。

ハピタスとは?

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

いわゆるポイントバックのサービスを行っているサイトです。

まぁこれはアフィリエイター泣かせなので、あまり詳しく紹介しているところは少なかったりするのですが、ネットで買い物をする時にこのハピタスというサイトを経由することによってハピタスのポイントが還元されます。

例えば、僕は楽天のサービスをよく利用するのですが、楽天のサービスでは時期にもよりますが大体1%から4%の還元率でポイントバックされます。

楽天の電子書籍なら、今なら3.5%がハピタスポイントとして還元され、また楽天のスーパーポイントで20%還元、クレジットカードで払えばその分のポイントも付きます。

25%近くがポイントとして帰ってくることになります。これはお得ではないでしょうか。

また、アフィリエイターの方であっても、楽天などの自己アフィリエイトなどはできないはずなので、こういったポイントサイトに登録して、ポイントの還元を受けるということはかなりのメリットになると思います。

マイルへと交換していくほうがメリットは大きいのですが、一定以上のポイントがたまったら自分の銀行口座に振り込んでもらい、現金化することもできるので、ポイントとかに全く興味のない方であっても、お得にネットショッピングをすることができます。

ハピタスの裏技

でも、マイルを急速に増やしていきたいという方もいるかもしれません。

その時は「みんなdeポイント」というサービスを使うのがおススメです。

hapitas1

これは、化粧品や健康食品などを購入するとその金額の80%から100%の金額がポイントバックされるというサービスです。

初回限定のお試し価格としてこのような価格設定をしているんだと思います。

この商品を例えば3,000円で購入したとします。
それをハピタスからPeXそして東京メトロのメトロポイント、最後にANAマイルというように交換していけば、手数料の50円を除けば2,700マイルとなります。

つまり、この方法で1マイルを約1.1円で買うことができます。

これを続けていけば、11,5000×1.1=12万8000円程度で世界一周のビジネスクラスの航空券を手に入れることができます。

さらにここからの登録で30ポイント(=27マイル相当)が手に入ります。

10万マイルを貯めるのに1マイルも無駄にはできません、忘れずに貯めましょう。

一般的な世界一周航空券とは

最初に書きましたが、スターアライアンスやワンワールド、スカイチームなどの航空連合各社は、世界一周航空券(RTW)を売っています。これはRound the world ticketを略してRTWと呼ばれることが多いのですが、世界一周の航空券を専門的に取り扱っている「世界一周堂」さんによると、

スターアライアンスの世界一周航空券の運賃は以下のようになります。

世界一周運賃
参照:http://www.sekai1.co.jp/rtw/star/index.html

もちろんこれは距離としての上限マイル数が2万9000マイルからだったり、マイルが125%加算されたりベネフィットは大きいのですが、手軽に買える金額ではありません。実際に購入する場合はこの料金に加えて税金やサーチャージなどが課されます。

単純に比較することはできないのですが、個人的には特典航空券を使った世界一周航空券の方がお得なのではないかと思います。

もちろん、特典航空券を使う場合でもサーチャージなどはかかるので、そこの部分は変わりません。

今回発券した世界一周の特典航空券でもサーチャージや税金、発券手数料などで合わせて15万円ほどの金額がかかりました。

さいごに

飛行機に乗らずにマイルを貯める人のことを陸(おか)マイラーと言いますが、陸マイラーにとっておいしい話がいつまでも続くとは限りません。陸マイラーの歴史はマイラー制度改悪の歴史といっても過言ではありません。

今のソラチカカードを使ったお得な交換ルートもいつかはなくなってしまうかもしれません。というよりいつかはなくなってしまうだろうという見方が大半です。

そうすれば、世界一周の特典航空券を発券することは難しくなりますし、格安でビジネスクラスなどに乗るということも難しくなります。そうなる前にこの方法でマイルを貯めまくって、特典航空券をゲットしましょう。

行動するなら今でしょ。

           

【世界一周】ANA特典でビジネスクラス世界一周をする

今年の春、4/12予約分からANAの特典航空券のルールが変わり、マイルを貯めて特典航空券を目指すということは改悪という多少のリスクを伴うものだと思いました。

しかし、世界一周特典航空券の必要マイル数は据え置きとなり改悪となる前にこれを目指そうと思いました。

そしてANAマイルを貯めていくうちに、さまざまな航空会社やマイルの情報を知り、ブログにも多少はまとめてきました。

こんな世界一周旅行がしたいなーというのが固まってきたので、少しずつ書いていこうと思います。

今後、少しずつ書いていく予定の記事にはタイトルの最初に【世界一周】とつけ、カテゴリーも”世界一周旅行”としたいと思います。

まず初回の今回は、飛行機の航空券をどうやって取るかについて書いていきたいと思います。

ANAマイルを使う

航空会社のマイルを使うと、サーチャージや税を別にして無料で飛行機に乗れるというのは有名ですが、世界一周の旅程も組めちゃいます。

基本的にANAマイルでは、目的地との往復の旅程しか発券できず、片道などは発見できませんが、世界一周特典航空券ではルールが違うので、片道の旅程を組み合わせて旅程を組むことができます。

もちろん世界一周旅程独自のルールがあり、それも考慮しながら計画を立てなければなりません。

しかし、この航空券は時間の融通が利く方にとっては大変お得なのです。

例えば提携航空会社を使って東京からフランクフルト往復すると95,000マイルが必要です。

しかし、このチケットを使って東京-フランクフルト-ニューヨークという旅程を発券すると10,5000マイルで済んでしまいます。

世界一周旅程の必要マイル数は次のようになっています。

ANA around the world

ルールとしては簡単には

太平洋、大西洋を1回ずつ飛行機を利用して横断する必要があります。ルートは東回り、あるいは西回りのどちらかで逆回りはできません。出発地と最終帰着地の間で最大8回の途中降機が可能です。(ただし欧州での途中降機は3回まで、日本国内での途中降機は4回までです。)また、出発国に戻る最後の国際線搭乗は、最初の国際線搭乗から10日目以降になります。
チャートに関して
※各区間基本マイレージの合計数です。
※世界一周の旅程は、飛行距離の合計から必要マイル数を算出します。
※シーズンによる必要マイル数の変動はありません

ホテルはどうするの?

これについては、まだ迷っていて、格安ホテルにするかブランドのホテルグループにするか迷っています。

ホテルグループにする場合、ヒルトンが最有力で、SPG、Accorが続くといった感じです。

これについては次回以降に書いていきたいと思います。