JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

格安で世界一周のビジネスクラス航空券を手に入れた方法

先日、「世界一周航空券」というものを発券しました。

世界一周航空券というと、ワンワールドやスターアライアンスなどの航空連合が出しているものが有名ですが、自分が加入しているマイレージプログラム(フリークエントフライヤープログラム)の特典として、一定以上のマイルが自分の口座にあれば「世界一周航空券」を発券することができます。

僕はANAマイレージクラブ(AMC)の会員ですので、今回はANAのマイルを使ってこの航空券を発券してみました。

必要マイル数は11,5000マイルでした。

AMC特典航空券

でも僕も大学生になるまでマイルってなに?っていうほどの素人でしたので、そこらへんも少し解説を加えながら説明していきたいと思います。

そして最後には、マイル(今回はANAマイル)が爆発的に貯まる方法について紹介します。

マイルって?

マイルとは、航空券を購入して、その購入した便に乗った時に、目的地と出発地の距離に応じて航空会社から付与されるポイントのようなものです。

一般的にポイントというものは、商品なりサービスなりを購入した時に購入金額に応じて付与されるものですが、マイルは飛行機が飛んだ距離に応じて付与されるので、単純ではなく面白みがあります。

そしてこのマイルが貯まると、航空券に交換することができます。

世界一周の特典航空券

特典航空券で世界一周をするのにどれだけのマイルが必要なの?と思われるでしょうが、ANAのサイトに詳しく載っています。

これだけのマイル数が必要です。

ANA around the world
参照:http://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/teikeiair_1_2.html

ANAのマイレージクラブの特典航空券は出発地と目的地のエリアによって必要マイル数が変わる「ゾーン制」を採っているのですが、この世界一周の特典航空券だけは例外で全旅程の距離数によって必要マイル数が変わる「距離(マイル)制」を採っています。

今回僕は全旅程の合計マイル数が20,000マイル以下になるように旅程を組みました。

単に「マイル」といってもポイントを意味したり、距離の単位を意味したりして困惑されるかもしれませんが、今回は世界一周の全旅程の距離が20,000マイル以内になるようにしたということです。

そのために必要なマイル数(≒ポイント数)は、エコノミークラスで75,000マイル、ビジネスクラスで115,000マイルです。

ここで特筆すべきこととして、ビジネスクラスの方がお得度が高いということです。ビジネスクラスの方が上級クラスなので当然必要マイル数は多くなるのですが、一般的に航空券を購入した場合、ビジネスクラスの航空券はエコノミークラスの航空券の3倍ほどします。一方この場合の必要マイル数は1.5倍程度です。

今回の旅程は

今回の旅程はこのように組みました。19日間にわたる旅程です。本当は1か月くらい旅行をしたいのですが、なかなか休みが取れないので、妥協してこのようになっています。

ItineraryRTW

Great Circle Mapper(グレートサークルマッパー)[http://www.gcmap.com/]を使って、航路を書いてみました。

RTW1

世界一周と言えども北半球だけですね。上限マイル(≒距離)が少なめなのでしょうがないです。

もう少し見やすくしてみます。

RTW2

台湾で鼎泰豊の小籠包を食して、イスタンブールで世界三大料理トルコ料理を食して、フランクフルトでソーセージを食べるといったように夢が膨らんでいきますね。

マイルはこういった使い方ができるので非常に面白いです。

エコノミークラスでもいいのですが、今回周遊する国は物価の高い国が多く、食事代だけでも大変な額になるのではないかと予想して、なるべくビジネスクラスのラウンジで食事を済ませようと思い、ビジネスクラスの航空券にしました。

ビジネスクラス利用者が使うことのできる航空会社のラウンジは食事をとることができます。

2015-05-23 09.19.06@関西国際空港のANAラウンジ

エコノミークラスとビジネスクラスの必要マイル数がそこまで離れていないのも特典航空券の特徴です。

さて、次にこの11,5000マイルをどうやって貯めたかを紹介します。

世はポイント戦国時代

ここ数年、特に今年は各社のポイントをめぐる争いが過熱しています。

楽天のRポイントカードやドコモのdポイントなど、新興勢力が生まれる一方で、リクルートポイントとポンタポイントの統合など、プラットホームとしての共通ポイントの生き残りを賭けた戦いが繰り広げられています。

このようになってくると、ポイントの還元率はもちろん大事ですが、ポイントの価値も大事になってきます。各社のポイントは普通1ポイント1円として使うことができますが、航空会社のマイルは一概にいうことはできないものの、1マイルは1円以上の価値を持っています。もちろん使い方にもよるのですが、1マイルの価値が10円から20円近くになることもあります。

例えば、ANAマイレージクラブではファーストクラスで東京からニューヨークを往復するための運賃は251万円(2015年12月現在)ですが、ANAのマイルを使うと15万マイルで往復することができます。(ハイシーズンを除く)

もちろん、普通に購入したほうがマイルが付いたり、予約が取れたりなど、当然対応はいいですし、簡単に比較することは難しいのですが、単純に考えれば1マイルを15円以上で使えています。

話がそれましたが、ポイントによっては航空会社のマイルに交換できるものもあります。

さらに言えば航空会社のマイルと提携したほうが、そのポイントをためてくれる人が増え、ポイント業界の主導権が握れるので、マイルに交換できるポイントは少なくありません。

その中でも東京メトロのポイントである。「メトロポイント」がソラチカカードの所有者に限って、1ポイント=0.9ANAマイルという交換レートを提供しています。

つまり1マイルが1.1ポイント程度で手に入るわけです。

でもメトロポイントってどうやって貯めればいいの?

僕は11,5000マイルを貯めるのにハピタスというサイトを利用していました。

簡単に図で示すとこういったルートになります。

convert route

つまり、ハピタスのポイントを貯めて移行していけばいいんです。

なぜ、ハピタスかというのは圧倒的にポイントが貯めやすいからです。

ここで注意すべき点としては、これはANAカードの一種であるソラチカカードを持っている方向けに特別に提供されている交換ルートです。

ソラチカカードとは、JCBが出している年会費2,000円のクレジットカードです。初年度の年会費が無料だったり、年会費自体もそこまで高くないなど敷居の低いカードにも関わらず、ANAマイルへの交換レートがいいということで多くのマイラーが所持しているクレジットカードです。

実際に所持していることに意味があるので、決済に使っている人は少数だと思います。PASMOへのオートチャージ機能などは使っている人も多いと思いますが。

ソラチカカードを使った移行ルートには上限があり、月に2万ポイントつまり18,000マイルまでしか貯めることができません。しかし、これでも年間21万6000マイルがたまるので、世界一周に二人で行くことができてしまいます。

ハピタスとは?

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

いわゆるポイントバックのサービスを行っているサイトです。

まぁこれはアフィリエイター泣かせなので、あまり詳しく紹介しているところは少なかったりするのですが、ネットで買い物をする時にこのハピタスというサイトを経由することによってハピタスのポイントが還元されます。

例えば、僕は楽天のサービスをよく利用するのですが、楽天のサービスでは時期にもよりますが大体1%から4%の還元率でポイントバックされます。

楽天の電子書籍なら、今なら3.5%がハピタスポイントとして還元され、また楽天のスーパーポイントで20%還元、クレジットカードで払えばその分のポイントも付きます。

25%近くがポイントとして帰ってくることになります。これはお得ではないでしょうか。

また、アフィリエイターの方であっても、楽天などの自己アフィリエイトなどはできないはずなので、こういったポイントサイトに登録して、ポイントの還元を受けるということはかなりのメリットになると思います。

マイルへと交換していくほうがメリットは大きいのですが、一定以上のポイントがたまったら自分の銀行口座に振り込んでもらい、現金化することもできるので、ポイントとかに全く興味のない方であっても、お得にネットショッピングをすることができます。

ハピタスの裏技

でも、マイルを急速に増やしていきたいという方もいるかもしれません。

その時は「みんなdeポイント」というサービスを使うのがおススメです。

hapitas1

これは、化粧品や健康食品などを購入するとその金額の80%から100%の金額がポイントバックされるというサービスです。

初回限定のお試し価格としてこのような価格設定をしているんだと思います。

この商品を例えば3,000円で購入したとします。
それをハピタスからPeXそして東京メトロのメトロポイント、最後にANAマイルというように交換していけば、手数料の50円を除けば2,700マイルとなります。

つまり、この方法で1マイルを約1.1円で買うことができます。

これを続けていけば、11,5000×1.1=12万8000円程度で世界一周のビジネスクラスの航空券を手に入れることができます。

さらにここからの登録で30ポイント(=27マイル相当)が手に入ります。

10万マイルを貯めるのに1マイルも無駄にはできません、忘れずに貯めましょう。

一般的な世界一周航空券とは

最初に書きましたが、スターアライアンスやワンワールド、スカイチームなどの航空連合各社は、世界一周航空券(RTW)を売っています。これはRound the world ticketを略してRTWと呼ばれることが多いのですが、世界一周の航空券を専門的に取り扱っている「世界一周堂」さんによると、

スターアライアンスの世界一周航空券の運賃は以下のようになります。

世界一周運賃
参照:http://www.sekai1.co.jp/rtw/star/index.html

もちろんこれは距離としての上限マイル数が2万9000マイルからだったり、マイルが125%加算されたりベネフィットは大きいのですが、手軽に買える金額ではありません。実際に購入する場合はこの料金に加えて税金やサーチャージなどが課されます。

単純に比較することはできないのですが、個人的には特典航空券を使った世界一周航空券の方がお得なのではないかと思います。

もちろん、特典航空券を使う場合でもサーチャージなどはかかるので、そこの部分は変わりません。

今回発券した世界一周の特典航空券でもサーチャージや税金、発券手数料などで合わせて15万円ほどの金額がかかりました。

さいごに

飛行機に乗らずにマイルを貯める人のことを陸(おか)マイラーと言いますが、陸マイラーにとっておいしい話がいつまでも続くとは限りません。陸マイラーの歴史はマイラー制度改悪の歴史といっても過言ではありません。

今のソラチカカードを使ったお得な交換ルートもいつかはなくなってしまうかもしれません。というよりいつかはなくなってしまうだろうという見方が大半です。

そうすれば、世界一周の特典航空券を発券することは難しくなりますし、格安でビジネスクラスなどに乗るということも難しくなります。そうなる前にこの方法でマイルを貯めまくって、特典航空券をゲットしましょう。

行動するなら今でしょ。

           

大阪-福岡間で飛行機を使うべき5つの理由

2015-09-27 16.37.12-2

今度、大阪から福岡へ旅行に行きます。

このくらいの距離なら新幹線を使うことも多いと思うのですが、今回は飛行機を使います。

飛行機はLCCなどを除くと値段が高いというイメージがありますが、うまく旅程を事前に組めれば、かなり安く旅行をすることが可能です。

そこで今回は、大阪から福岡に行くのに新幹線ではなく飛行機を使うべき理由を紹介します。

意外と飛行機は高くない

大阪から福岡に新幹線で行った場合を「JRおでかけネット」で調べてみます。

jr1

この場合、片道15,310円であり、当日に買うことができるというメリットはあるものの値段が結構高めに設定されています。

新幹線の場合あまりディスカウントがあまりなかったりするのですが、14日前までに購入できる「スーパー早得きっぷ」というものがあります。

jr2

これで10,290円ですね。

続いて、飛行機を見てみましょう。

1月の5日で検索をかけてみました。

JAL ITM-FUK

28日前までに購入しなければならない「先得割引」で12,000円程度、前日まで購入できる「特便割引」が15,000円程度です。

また、もっと早くに予約できるのならさらに安い運賃も存在します。

「スーパー先得」という運賃です。

JAL ITM-FUK2

これは55日前までに購入すればいい運賃で、10,000円を切っています。

このように、JALのようなレガシーキャリアの飛行機の運賃も新幹線と同等やさらに安かったりするのです。

また22歳以下の学生の場合「スカイメイト」という運賃が存在し、当日であっても空席があればかなり安く飛行機に乗ることができます。これも当日新幹線に学割などで乗る場合と料金的には変わらないと思います。

個人的には、新幹線のために当日学割を取得するというのは結構厳しいと思うのですが…

おススメはJALのツアーです。

僕は、今度18,800円で往復JALの飛行機と宿泊1泊が付いているツアーで福岡に行きます。

実際の旅行は4日ですがそのうちの一泊をどの日程でも取れるというのがいいです。

JALカードを持っているので、5%引きになり実際支払たのは17,860円でした。

乗っている時間が短い

飛行機は乗っている時間が短いために疲労度が比較的少ないのではないかと考えます。

確かに、空港まで行くのはかなり面倒ですが、伊丹空港、福岡空港とも利便性がかなり良いので、今回はあまりそこは問題にしませんが、すぐ飛び乗れる新幹線とは違って、飛行機は圧倒的に便が少ないです。

例えば、伊丹-福岡は1日4便ですが、午前中2便で、午後の12:55分発の後の最終便は20:00発です。

これはかなり不便です。

しかし実際に乗っている時間は新幹線が150分で飛行機は75分で半分の時間です。

これは疲労度が違うのではないでしょうか。

僕は個人的には、新幹線のアルコール臭い雰囲気が苦手です。

必ず席に座れる

新幹線で自由席の場合、最悪乗れない場合がありますが、飛行機の場合は航空法で席を確保しなければならないと決められているので、絶対に席に座れます。

飛行機は飛ばない場合、代替手段などを確保してくれますが、新幹線は動かなくなったらそのままそこに閉じこめられます。

僕は、よく天災に遭いやすいので、新幹線の特急料金を払い戻してもらったことは一度ではありませんが、何時間も新幹線に閉じこめられるのは正直つらいです。

もちろん飛行機の中で数時間閉じ込められた経験もあるので一概には言えませんが…

飛行機に乗るのや空港は楽しい

これは人によりけりと思いますが、僕は飛行機の機内の雰囲気であったり、空港の雰囲気であったリがとても好きです。

不愛想な検札よりも、飲み物を持ってきてくれる飛行機が好きというのももちろんあります。

あの金属の塊が空を飛ぶというのはいまだに信じられません。

大学で、ベルヌーイの定理というものを学び、理論的には飛行機が飛ぶ理由を説明できるのですが、感覚的に考えると飛行機が飛ぶというのは信じられません。

マイルがたまったりキャンペーンが豊富

JALなどの飛行機にのると、マイルがたまったり、キャンペーンに応募できたりします。

いまなら、例えば大阪-福岡路線に乗るとこういったキャンペーンに応募できます。

JAL campaign2

JAL campaign1

国内線の航空券が当たったりします。

でも多少のデメリットも

飛行機は意外とお得だったりするのですが、もちろん多くのデメリットがあります。

例えば

・便や席が限られているので予約が必要
・当日に購入すると、「普通運賃」などになりかなり高くなる(「スカイメイト」は例外)
・天候などによって飛ばないことがある。
・空港までが不便であることが多い

などです。しかしこれらのデメリットを克服すれば、飛行機の利用というのはかなり積極的な選択肢になるはずです。

           

燃油サーチャージの動向

前回の記事でも少し触れましたが、12月以降の燃油サーチャージが値下がりするかもしれません。

2015-06-28 17.34.11

シンガポールケロシンの価格が下がっているからです。

燃油サーチャージの価格のゾーン設定などは各航空会社によって異なるので、すべての航空会社で安くなるかと言われたらそうでもないのですが、航空券の総額が上がるということはあまりないのではないかと思います。

時間があれば各航空会社で、燃油サーチャージをどのように取り扱っているのかをまとめてみようと思います。

もちろんパターンが何通りもあるので簡単な表などにすることは難しそうですが。

ニュージーランド航空は10月1日からの燃油サーチャージ制度を廃止することを決めています。

全然詳しくないので何とも言えないのですが、”singapore kerosene”でググると先物の金額が出てきます。

将来の金額が決まっているのに、3,4ヶ月前の金額で税金の値段を決めているって素人的には変に思うのですが、何か裏があるのでしょうか?