JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

アコーホテルズはじめました【ホテルプログラムの選び方】

IMG_4175

最近就活をしているためかホテルに泊まる機会が何度かありまして、何かホテルのプログラムで自分にとってメリットないかなと調べていました。

親がクレジットカード付帯のヒルトンゴールドを持っていて、ヒルトンのゴールドはコスパとしては最高だと思うのですが、親が持っているということで積極的な選択肢にはならないかなということと、自分がゴールドカードの申し込みをしても審査に通らないだろうと考えていました。

また、基本的にはホテルグループであっても、高級ブランドに泊まることはないと思いますので、安めのブランド(たとえば、ヒルトンでいうダブルツリー、IHGでいうホリデーイン)みたいなものでも特典があるものがいいなと考えていました。

そういった観点で探していくと

・SPG(Starwood Hotels & Resorts)
・ヒルトン(Hilton Hotels & Resorts)
・マリオット(Marriott International)
・IHG(InterContinental Hotels Group)
・アコー(AccorHotels)

などが挙げられます。

ひとつずつ検討していきました。

まずは

SPG

slider02-pc(引用:http://www.westin-osaka.co.jp/)

やっぱり全体的に高いですね。予算オーバーのホテルばかりです。SPGアメックスを取得すれば、SPGゴールド会員になることができ、これがホテル上級会員になるための一番手っ取り早い方法だとされていますが、正直これはかなりの玄人向けではないでしょうか。

ちなみに私はこの前、デルタのシルバーメダリオンが付帯するデルタアメックスの審査に落ちたのでアメックスを取得することはかなりハードルが高いでしょう。

毎年、無料宿泊特典がもらえるので、確かに高額の年会費はペイできるのかもしれませんが、この特典は初年度にはもらえないので次年度以降にカードの更新をしないといけません。

初年度の特典としては、入会3か月以内の10万円以上の決済で10,000スターポイントですね。初年度で年会費をペイするのはよっぽど利用する人でないと難しいかもしれません。

というわけで個人的には一番難しいプログラムかなと思いました。

スターポイントの購入はマイラーにとってかなり使える技だとは思います。

ヒルトン

IMG_3470

こちらはSPGよりは初心者でも使いやすいプログラムだと思います。

こちらも提携のクレジットカードがあり、クレジットカードを持つことでヒルトンゴールドの資格を得ることができます。こちらは年会費がそこまで高額ではなく、条件を満たせば年会費の割引もあるのでおすすめです。

なんといっても朝食無料がいいですよね。部屋に空きがあればアップグレードもされます。

たとえば2人で、数泊すればアップグレードと朝食代で年会費はカバーできます。

しかし、親が所持しているという理由とゴールドカードの審査を通る気がしないのでパスです。

マリオット

IMG_4047(ワシントンDCのマリオット)

正直かなり馴染みのないホテルグループです。

大阪にあるのでしょうか。某鉄道会社の面接に行ったときに名古屋駅の中にあったことは覚えています。

調べたらマリオット都ホテルというものがありました。今後SPGとの統合が進むにつれてどうなるのでしょうか。

IHG

これはアンバサダーというものがあります。

アンバサダーは初年度の年会費が200米ドルですが、IHGのゴールドエリートという資格がついてきます。

またそれ以外にも客室アップグレード保証や、ウィークエンド宿泊券などがパッケージとしてついてきます。

特典としては盛りだくさんですが、200ドルという設定が少し入会をためらいます。

もっと安くホテルの上級会員になれないかと考えていたところアコーホテルズのイビスビジネスカードが見つかりました。

アコー

ネットでいろいろと検索していたら、このような記事を見つけました。

Accor Hotels Le Club ゴールド会員資格を一発獲得する方法

このイビスビジネスカードというものに入会すれば、イビス(アコーホテルズの比較的安めなホテルブランド、いわゆるビジネスホテルみたいなものが多い)の料金が10%オフで予約できる(プロモーション時は5%オフ)そうです。

イビスは比較的安く、東南アジアやヨーロッパに行く場合はホテル代をかなり安くすることができます。それがさらに10%オフというのはかなりお得だと思います。

入会金は90ユーロですので1万円は超えてしまいますが、ル・クラブ・アコーホテルズのゴールド会員がついてきますのでポイントがかなりたまります。そしてこれはクレジットカードではないので、入会審査落ちということもありません。

ibis(引用:http://www.ibis.com/ja/business/ibis-business-card.shtml)

イビスを含めても10泊程度すれば年会費のもとはとれてしまいますし、10泊すれば翌年もシルバー会員です。というわけで、このイビスビジネスカードに入会することにしました。

これから1年間ホテルに泊まるときは、積極的にアコーホテルズグループに泊まろうと思います。

さいごに

これらのホテルを予約して宿泊するときには公式サイトを利用しなければなりません。

エクスペディアなどの代理店経由で予約した時は会員の特典は享受できません。

ので、公式サイトを利用しないといけないのですが、それでもさらにお得に予約することができる手段があります。

それは海外ポイントサイトの利用です。

僕はMr. Rebatesミスターリベーツ)を利用しています。

たとえば今後利用するであろうアコーホテルズであれば今現在で8%の還元です。

ミスターリベーツで貯めたポイントはPayPal(ペイパル)で受け取ることができ、日本の銀行口座に入金することも可能です。

このようにお得にポイントを貯められますし、ホテルグループの会員特典も利用できるということで、旅行や出張がますます快適なものとなりますね。

ミスターリベーツの登録はこちらから↓
Mr. Rebates

           

インペリアルホテルのカフェで夕食とヒルトンウィーンでの朝ご飯

インペリアルホテルでの夕食

楽友協会でコンサートを聴いた後は、すぐ近くにあるインペリアルホテルで夕食をとります。

IMG_2707

インペリアルホテルウィーンは天皇皇后両陛下も泊まられたことのあるくらい格調高いホテルのようです。

各国の国賓レベルが泊まることでも知られているようです。いやーここで食事できるだけで幸せです。

ロビーの調度品もかなりお高いのでしょうね。

IMG_2722

ただ、レストランで食事をすると高いので、レストランに併設されているカフェでご飯を頂きます。

このインペリアルホテルウィーンはSPG系列なんですね。

ロビーから入って左手にレストランとカフェがあり、どっちを利用するのかを尋ねられました。もちろんカフェにします。

カフェはこのようになっています。

IMG_2709

IMG_2711

オーストリアといえばホテルザッハのトルテが有名ですが、このインペリアルホテルにもトルテがあるそうです。

IMG_2714

IMG_2715

食べてはいませんが、お味のほうは期待できないという口コミを見ました。

カフェといってもがっつり食べることはできます。

食事の準備をしていただき。

IMG_2713

サーロインステーキを注文しました。

IMG_2718

その後はまたカールスプラッツまで歩きます。

帰る前にこのホテルのトイレに寄りましたが、トイレが超豪華で笑いました。

S_4218903815706

S_4218903858266

市街地ではトラムも走っています。

IMG_2723

同じルートでホテルまで帰って寝ます。

ヒルトンウィーンでの朝食

翌朝はヒルトンゴールド会員の特典で朝食をいただきましたが、ここがかなり豪華でした。

S_4219150374634

普通に朝食をつけると31ユーロもするそうです。

びっくりしたことして、ケチャップやマスタードが小瓶で置かれていました。

S_4219152280886

もちろんふたりでシェアして使いますが、結構残してしまいます。

そして紅茶はロンネフェルト、紅茶に詳しいわけではないのですがビュッフェスタイルの朝食で提供していいのでしょうか。

高級ホテルのアフタヌーンティーで提供されているという認識だったので。

このロンネフェルトの紅茶を鉄瓶で淹れて飲みました。くどくなくさっぱりとした紅茶でした。

S_4219152114355

そのほかに食べ物としてはソーセージはもちろんのこと、なぜか点心がありました。

S_4219150605945

中国系のお客が多いのでしょうか。

卵料理もいろいろ作ってくれて、中にはワッフルなどを注文している人がいました。

僕は、シンプルに目玉焼きです。

目玉焼きという英単語がわからず、”Spiegelei”(独)と言ってみましたが、英語では”sunny-side up”と言うそうですね。

ここでもひとつ知っている英単語が増えました。

お腹一杯朝食を食べた後はシェーンブルン宮殿へと向かいます。

ビュッフェ会場のペットボトルの水は勝手に持って帰ってもいいということでかなり太っ腹でした。

           

アテネゲートホテルと新アクロポリス博物館

アテネゲートホテル

アテネゲートホテル(The Athens Gate Hotel)にチェックインします。

ホテルはゼウス神殿ビューでした。パルテノン神殿ビューもあるそうです。

IMG_2472

バスタブもあります。

IMG_2474

パルテノン神殿のあるアクロポリスの丘は15時に閉まるので今日はもう行くことができません。

ただ、これは営業時間が夏(4月から10月末まで)と冬(11月から3月末まで)で異なるそうです。

IMG_2476

冬:08:00-15:00(土日は8:30から)

です。夏時間に関しては書いてありませんでした。遅くまで営業しているはずです。

英語で検索をかけてみても、古い情報しか出てこなく、今回もかなり苦労しました。

ホテルの人に聞くのが一番だと思います。今回もパルテノン神殿に行きたいんだけどと言ったら今の期間は15時にしまっちゃうから午前中に登り始めないとだめだと教えてくれました。

明後日の朝にアクロポリスの丘に登ろうと思います。

まだ全然明るいんですが、もう閉山しています。

IMG_2482

近くの新アクロポリス博物館に向かいます。

新アクロポリス博物館

この博物館の下には遺跡があるようで、吹き抜けになっており地面が見えるようになっています。

IMG_2480

写真は撮ってはいけないそうなので、博物館内部の写真はありませんが、その展示物の本物の多くはイギリスの大英博物館にあるそうです。いつか返してくれるのを待っているみたいですね。

ここは、金曜日だけ22:00まで開園しているそうです。

夏:08:00-20:00(金曜日は22:00まで、月曜日は16:00まで)
冬:09:00-17:00(金曜日は22:00まで)

です。

カフェテリアから外に出られるようになっていて、そこからパルテノン神殿を見ることができます。

IMG_2484

IMG_2486

薄暗くなってきました。

山が見えます。これもギリシャ神話に出てくるような山なのでしょうか。教養がないのでよくわかりません。

IMG_2485

今日の夜ごはんはここでいただきます。

博物館のカフェらしく内装はおしゃれです。

IMG_2489

IMG_2487

ここのメニューはほとんどわからない単語で注文に苦労しました。注文をしたのはprawnという知っている単語があったこれにしました。

IMG_2490

ピラフのように見えますが、食感はパスタに近くもちもちしていました。味付けも大変おいしかったです。

これはギリシャ料理なのでしょうか。トルコ料理もギリシャ料理も料理名は難解な英単語になりがちです。

一応10%ほどのチップを払いました。クレジットカードが使えます。

ここら辺の事情もよくわかりません。ユーロ圏は大体一緒でしょうか。

夕食を食べ終わると、外は真っ暗になっています。

IMG_2493

2階のカフェで食べましたが、1階にもカフェがあるみたいです。

IMG_2496

ホテルに帰って寝ます。帰りも徒歩5分ほどなのでかなり楽です。

明日はエーゲ海ワンデークルーズです。