JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

ルフトハンザLH402便ビジネスクラスでフランクフルトからニューアークへ

ヒルトンマインツで朝食をいただきます。

image

ここは、朝食の品数が割と豊富でした。

朝食をいただいた後は、タクシーでマインツ駅へ向かいます。

行きはバスで、帰りはタクシーです。

バスは結構複雑です。地元の人に聞いてもどれに乗ればいいのか結構人によって違いました。

マインツ駅から昨日と逆の行程で、空港まで戻ります。

そしてビジネスクラスカウンターでチェックインしてルフトハンザのラウンジに向かいます。

ルフトハンザビジネスクラスラウンジ

image

憧れのフランクフルト空港ルフトハンザラウンジです。

ただ、期待していたほどではありませんでした。

image

かなり混んでいましたし、食べ物もおいしくありませんでした。

アテネのルフトハンザラウンジのほうが軽食が豊富だったような。

ルフトハンザ747-8i

ルフトハンザの747-8iです。

image

今からこれに乗り込みます。

ジャンボのビジネスクラスは、数が相当多く、優先登場組が乗り込むまでにかなり時間がかかりました。

そして家族連れがかなり多かったのにはびっくりです。しかも6人家族とかもいました。

ニューヨークに遊びに行くドイツ家族といった感じでした。

座席はアッパーデッキです。

image

この席に座ります。

image

ジャンボのアッパーデッキはこのように収納スペースがあって便利ですが、天井が結構低いんだなと感じました。

image

image

すこし遅れて出発します。

機内食

ドリンクはワインにしました。

image

ローストビーフをいただきます。

image

食事自体は簡素でドイツらしいといえばドイツらしいです。

食後のデザートをいただきます。

image

このカップが安定感抜群で、欲しくなります。

途中寝てしまい。フライト時間もそこまで長くないので、気づいたらもうすぐニューヨークのニューアーク・リバティ空港に到着目前でした。

初ニューヨークです!

           

ルフトハンザLH1237便ビジネスクラスでウィーンからフランクフルトへ

ウィーンからフランクフルト経由でニューヨークに向かうのですが、フランクフルトで1泊します。ただこの1泊は失敗でした。見本市か何かあるのかもしれませんが、フランクフルトのホテルが高騰しており、最低でも200ユーロや300ユーロとなっていました。

そこで、マインツまで足を延ばしてホテルに泊まります。

フランクフルト空港からマインツまでは近距離列車で30分ですね。

フランクフルト市街地からマインツまでは40分ほどかかってしまいますが、十分通勤距離なのではないでしょうか?(日本人的発想かもしれません)

マインツはレスターに移籍した岡崎が移籍前にいた都市ですが、こじんまりとしたとてもいい街でした。

ウィーンMitte駅でシティチェックインを行います。

img_5309.jpg

フランクフルトで一泊するのですが、何も言わなかったらニューヨークまで荷物が行ってしまうところでした。

確認しといてよかったです。

これに乗ればすぐに空港に着きます。

img_5310.jpg

チェックインはしてあるので、保安検査を抜けるだけです。

オーストリア航空のラウンジです。

image

中は結構広いです。シャワーなどもいくつかありました。

image

さて乗り込みます。ビジネスクラス利用ですが、ゲートで「ちょっとまだ優先搭乗中よ」と言われてがっくし。

まぁしょうがないですね。

ルフトハンザ短距離ビジネスクラスです。

image

たしかA321でしたが、ビジネスクラスでだけでも10列以上あり、利用客は5人程度だったのでかなり贅沢な使い方をしているなと感じました。

ブレッツッエルが出てくるのがドイツらしいです。

image

これはかなりおいしかったです。ドイツ料理かと言われればNOでしょうが。

あっという間にフランクフルト空港に到着です。

近距離列車のホームへと向かいます。

フランクフルト空港に乗り入れている電車は、近距離の在来線と、長距離のICEでホームがかなり離れているので注意が必要です。

img_5315.jpg

ルフトハンザのウェルカムラウンジを横目にホームへと向かいます。

このウェルカムラウンジは午前中しかやっていませんし。長距離のフライトでフランクフルトに到着した場合しか使えません。

在来線に乗り込み、マインツの中央駅までは30分くらいです。

そこからバスに乗りヒルトンマインツに向かいます。

マインツにヒルトンは二つあります。

川沿いにあるヒルトンに向かう場合は”am Rhein”(アムライン)「ライン川沿い」と言います。

中心部であればHilton Mainz Cityといえば通じるはずです。

ヒルトンマインツに着きました。

image

荷物を置いて夕食を食べに中心部へと向かいます。

           

アテネ国際空港のラウンジ巡り。エーゲ航空のラウンジは広いけど食べるものは少なめ

アテネ国際空港(ターミナルB)のラウンジには4つあるということを前回の記事に書きました。

・エーゲ航空ラウンジ
・ルフトハンザラウンジ
・Goldair Handling CIP Lounge
・Melina Merkouri Lounge

の4つになります。

今回は上の3つを利用しましたので、これらのラウンジについて紹介したいと思います。

ターミナルBのラウンジは4つが隣り合わせになっています。

IMG_2671

気を付けないといけないのはどれも保安検査の手前にあるということです。

エーゲ航空ラウンジ

IMG_2672

やはりこの国のフラッグシップキャリアエーゲ航空のラウンジは広いですが、内容は少し乏しいような気もします。食事に期待はできません。ラウンジの係員もしゃべってばかりでやる気があるのかどうかわかりません。これがお国柄なのでしょう。ここも公務員なのかなーと考えてしまいます。

IMG_2653

でも内装はかなりきれいだと思います。

IMG_2669

IMG_2668

IMG_2667

ルフトハンザラウンジ

IMG_2657

ここは狭いですが、食事は一番充実していたように感じます。ここは搭乗時間の案内をしてくれます。スターアライアンス加盟会社の搭乗時刻が近づくと係員がラウンジの全員に聞こえるように言っていました。受付から右側と左側のラウンジがあるんですが、左側のラウンジに案内されました。スタアラゴールドとかと分けているのでしょうか。もうひとつはセネターラウンジだったのかもしれません。よく分かりません。

IMG_2659

サンドイッチとスープをいただきました。

IMG_2662

ドリンク類も充実しています。

IMG_2661

IMG_2660

Goldair Handling CIP Lounge

ATH2-001(引用:https://www.prioritypass.com/loungesearch?entity=edbec962-ca84-4da4-a8d3-c16a1816350f

ここはプライオリティパスで利用できるラウンジです。航空会社ではスカイチーム加盟会社の指定ラウンジになっていたように記憶しています。

ラウンジは開放感のあるデザインで、プライオリティパスで利用できるラウンジにしては新しいラウンジだったような気がします。

IMG_2664

ただ係員が受付をしているときに電話がかかってきて3分ほどしゃべっていました。業務上関係あることのようだったのでしょうがないのかも知れませんが、先に入れてくれたりすると助かるなと思いました。

最後にMelina Merkouri Loungeになぜ行かなかったかというと気づかなかったからです。

ラウンジの入り口に書いてあるラウンジ名が大きく書いていなく分かりませんでしたが、保安検査に向かう時に再び通った時に気づきました。

プライオリティパスのホームページを見てもなんかオリンピック航空ラウンジと書いてあるんですよね。たしかそのように書いてあったので気づかなかったのかもしれません。

ATH5-006

ATH5-003(引用:https://www.prioritypass.com/loungesearch?entity=edbec962-ca84-4da4-a8d3-c16a1816350f

さてこれからウィーンに向かうためにOS802便に乗ります。

ウィーンでは楽友協会でコンサートを聴く予定です。