JAL Navigator

navi会員の日常

スポンサードリンク

ルフトハンザLH402便ビジネスクラスでフランクフルトからニューアークへ

ヒルトンマインツで朝食をいただきます。

image

ここは、朝食の品数が割と豊富でした。

朝食をいただいた後は、タクシーでマインツ駅へ向かいます。

行きはバスで、帰りはタクシーです。

バスは結構複雑です。地元の人に聞いてもどれに乗ればいいのか結構人によって違いました。

マインツ駅から昨日と逆の行程で、空港まで戻ります。

そしてビジネスクラスカウンターでチェックインしてルフトハンザのラウンジに向かいます。

ルフトハンザビジネスクラスラウンジ

image

憧れのフランクフルト空港ルフトハンザラウンジです。

ただ、期待していたほどではありませんでした。

image

かなり混んでいましたし、食べ物もおいしくありませんでした。

アテネのルフトハンザラウンジのほうが軽食が豊富だったような。

ルフトハンザ747-8i

ルフトハンザの747-8iです。

image

今からこれに乗り込みます。

ジャンボのビジネスクラスは、数が相当多く、優先登場組が乗り込むまでにかなり時間がかかりました。

そして家族連れがかなり多かったのにはびっくりです。しかも6人家族とかもいました。

ニューヨークに遊びに行くドイツ家族といった感じでした。

座席はアッパーデッキです。

image

この席に座ります。

image

ジャンボのアッパーデッキはこのように収納スペースがあって便利ですが、天井が結構低いんだなと感じました。

image

image

すこし遅れて出発します。

機内食

ドリンクはワインにしました。

image

ローストビーフをいただきます。

image

食事自体は簡素でドイツらしいといえばドイツらしいです。

食後のデザートをいただきます。

image

このカップが安定感抜群で、欲しくなります。

途中寝てしまい。フライト時間もそこまで長くないので、気づいたらもうすぐニューヨークのニューアーク・リバティ空港に到着目前でした。

初ニューヨークです!

           

マインツ観光とアウグスティナーケラーの絶品料理

image

さて前回の世界一周旅行記からはかなり月日が空いてしまいました。

前回の記事はルフトハンザLH1237便ビジネスクラスでウィーンからフランクフルトへです。

ヒルトンマインツのお部屋の様子はこんな感じです。

image

リバービューのいいお部屋です。これはライン川でしょうか。

image

船も往来しています。

image

部屋で一息して市内観光に出かけます。

このような伝統的な木組みの家もありますが、街中のほんの一部です。

image

想像していたよりマインツは小さな都市でした。

レスターに移籍した岡崎はどこら辺に住んでたのだろうとすこし考えてしまいました。

そしてドイツ料理を食べます。

お店は「アウグスティナーケラー」という名前です。

観光客が多いのかと思いきやお客さんはドイツ人ばかりでした。

グランドメニューはたしか英語併記だったと思うのですが、日替わりメニューはドイツ語だけでした。

で、その日替わりメニューに書かれている料理がよく分りません。

見たことはあるような単語なのですが、どうしても料理名は固有名詞に近くなってしまい、どんな料理なのかは検討が付きません。

その一つがTafelspitz(ターフェルシュピッツ)というものです。

わからないので聞いてみます。

すると店員さんも説明に困っているようでした。

「ええっと、説明するの難しいわ。牛肉で、煮込みで、全然脂っこくない料理なの」

とのことでした。あとたぶんこの店は英語があまり通じない感じです。大体ドイツで拙いドイツ語を話すと、英語で返されるのですが、ここでは終始ドイツ語でした。

とまあ説明を聞いておいしそうだったので頼んでみます。

こんな料理でした。

image

食べてみると、確かに脂っこくなくてとても食べやすいです。味付けも僕好みで大満足でした。

いまネットで知らべてみるとTafelspitzというのは「牛のおしりと太ももの一番上との間のあたりの肉」を意味するそうです。

もう一つ頼みましたが、これは豚肉です。

image

お店の様子はこのような感じで、アットホームな雰囲気です。

image

あとドイツビールもいただきました。

ほろ酔い気分でホテルに帰ります。

明日はまたフランクフルトに帰って、そこからニューヨークへと飛ぶ予定です。

           

BAのJAL国内線特典は当日早い便への変更はできない?できないならできないで言い方があると思った。

Mt-Fuji-JAL

だいぶ更新が滞ってしまいました。

世界一周の記事も書き終わっていないのですが、不可解なことがあったので更新しておきます。

試験期間中なのですが、地方民なのでインターン選考でTokyoに行かねばならず、BAの特典で伊丹-羽田と取っていたのですが、当日空きがあれば前の便にできるというのは実は違うみたいで、国内線の空港で5時間待機という苦行を行っています。

事の顛末は以下の通り。

今回は東京でグループディスカッションとかいうやつで交通費が出るのですが、就活はお金がかかってしょうがないのでBAのマイルを使います。2限がテストだったので、午後の便を予約しました。13:30のJAL118便です。

しかし、そのテストが前日になってまさかの延期です。

午前中が空いてしまいました。

これは早く東京行って、祖父母の家に行って着替えたほうがいいと思い、早めに空港に行きます。

空港に着いたのは8:00AMです。

そしてJALのカウンターへ

列に並び、案内されます。ちょっと年配の方のお局さんみたいな感じの方でした。

Eチケットを見せて、

私「前の便が空いていたらなるべく早い便に変更してくれませんか?」

と言います。

すると

「これはブリティッシュのマイルでの予約なので、変更したいならブリティッシュでしてください。」

と言われました。

ブリティッシュで変更したら手数料がかかりますので悩みます。

そもそもBAのマイルで当日早い便への変更ができないという記事を見たことがないし、私自身の記憶も曖昧なのだけど昔はできたはずだったので、「できるできない」という議論よりも、ケースバイケースで「できたりできなかったりする」ということに腹が立ちます。人によってできたりできなかったりするのは理不尽というか、やはり納得がいかない部分もあります。

変更できなかったら5時間半ほど待たないといけないので、そうですかと引き下がるわけにはいきません。

私「過去には何度もできた(と聞いている)のですが」(自身の記憶はかなりあいまい)

「ではブリティッシュのほうに確認します。(ピポパ。。。。)コールセンター空いていません、9時過ぎにまた来てください」

とのこと、「無理っぽいなー」と思いながら、とりあえずラウンジオーサカへ

(50分後)

もうあの方とは絡みたくないので、別の方のカウンターに行く

今度は若い感じの人でこれは期待できそう。

「変更と空席待ちできますか?」

と聞いたら

「確認してきます。」

とのこと

そしてなんと

できます!

とのご返事。

心の中で「やったー」と叫びながら、(人によって対応が違うのが不可解)

「じゃあ手続きお願いします。」

と言い、もう発券直前の時

横から、くだんの方がいきなり登場

現れるなり、

「ブリティッシュの場合、当日変更できないことが確認取れました。(若いグランドスタッフさんに向かって)だから変更はしないでくれる」

とのこと

若いグランドスタッフさんもいきなり勝手に入ってくるもんだから困惑気味。

しかも言い方がきついので、余計に腹が立ちます。

もう少し、「大変心苦しいのですが…」みたいな言い方できないんですかね。

「我、鬼の首を取ったり」みたいな言い方されると、完全にこっち悪者じゃないですか。

もう腹立って、

私「今までできたのは何だったんですかね?」

と聞くと、

「それはその対応した方々が間違っていました。」

だって

もう完全に「正義はあちらにあり」って感じだったので

本来の13:30の搭乗券をもらって退散(降参?)します。

その後も保安検査抜けた後のカウンターで「変更できます?」って聞いてみたけどここでは予約の全容がわかりかねますとのこと。

もう諦めます。

伊丹空港で5時間強待機することにしました。

追記:BAの方もコールセンターの方が正しいとは限らないので、この問題は何とも言えません。
ただ、できないという前提で予定を立てるのが正解なのだと思います。ルールがあっても、もっと強いルールがある場合はそれが適用されない場合があるので、お互いがお互いの認識しているルールを主張しても平行線ですね。
また自身のあいまいな記憶に頼るのは良くないですね。ネットの情報はできるとしか書いていなくてもそれが正しいとはわからないものだと感じました。ただやはりこちらの言い方も悪かったのだろうかと反省しております。

この変更できなかったという情報が、今後の参考になれば幸いです。